モチベーションUPと人件費抑制を両立させる人事制度

適正な人事評価と総額人件費管理の導入法

企業を取り巻く環境がめまぐるしく変動する中で競争優位を保つためには、社員のモチベーションを高め、全社一丸となって戦略を遂行する必要があります。しかし、やみくもに賃金を上げても、人件費負担が増えるだけで、モチベーションUPにはつながりません。本セミナーでは、人事評価と人件費管理の両面から、「適正な人事評価で人件費負担を増やさずに社員のモチベーションをUPする方法」をお伝えします。

 

▶カリキュラム例 全1日間(2~3時間)

人件費の負担を軽くしつつ、従業員のやる気を引き出す人事制度とは

・仕事をしない従業員の賃金を減らすには?

・残業代の負担を抑える方法

・絶対評価にすべきか相対評価にすべきか

・人事評価結果や賃金をどこまでオープンにするか、他

人事制度を構築する具体的な手順

・潜在的に抱えている労務トラブルの要因を洗い出す

・人事ポリシーを決めよう

・等級制度は人事制度の屋台骨、他

どんなご相談、ご質問もお気軽にどうぞ

お問い合わせはこちら

どんなご相談、ご質問もお気軽にどうぞ

お問い合わせはこちら