中小企業の経営資源の中で投資効果が最も大きく劇的に効果が上がるのは人的資源である。人材を選べない厳しい環境下にある中小企業では人的資源を再生させることこそ、緊急課題です。今いる従業員をどう活かすか。従業員のモチベーション、ロイヤルティを上げ、活性化するにはどうするのか。総額賃金の見直し、若手の登用、情報公開、やる気の出る評価制度など透明性のある人事制度の再構築がポイントになります。中小企業における人的資源の効果的活用方法を実際の事例を交えて分かりやすくご説明します。

多くの経営者は、自社が未払い残業代請求のリスクを抱えていることに気付いていません。しかし、一度請求されると、ほとんどのケースで企業側の主張は認められず、場合によっては数千万円に達する多額の支払いが求められるほど経営へのインパクトが大きく、倒産の危機に陥ってしまうような事態も想定されます。今回のセミナーでは、このような事態に陥る前に講じておくべき具体的対策をお伝えします。

企業を取り巻く環境がめまぐるしく変動する中で競争優位を保つためには、社員のモチベーションを高め、全社一丸となって戦略を遂行する必要があります。しかし、やみくもに賃金を上げても、人件費負担が増えるだけで、モチベーションUPにはつながりません。本セミナーでは、人事評価と人件費管理の両面から、「適正な人事評価で人件費負担を増やさずに社員のモチベーションをUPする方法」をお伝えします。

新型うつなどのメンタルヘルス不調は、企業規模の大小や、職種に関係なく、どのような企業にも発生しうる問題です。それまで普通に仕事をこなし、何の問題もないような社員が、ある日突然、出社しなくなるというケースが増加しています。そんな時に、企業としてどう対応すればいいのか、基本方針およびルールの作成と運用について、具体例を交えてわかりやすくお伝えします。